ハワイで買った時計は、オーデマピゲ

もう10数年前ですが、私たち夫婦と母と叔母(母の妹)の4人でハワイへ出掛けました。
叔母は初めての海外旅行で、けっこう舞い上がってました。

ブランド物にあまり興味がないと思っていた叔母ですが、以前から時計が欲しかったらしく、いろんな店で時計ばかり物色してました。
お洒落で、みんなが持ってなくて、でもみんなが羨ましがるような時計を探していたようです。

そんな叔母の時計にかなったのは、「ブランドP」と「オーデマピゲ」本人は、両方とも全く知らないブランドだったらしいのですが、私たちが煽ったせいもあるのかもしれませんが、すっかり買うつもりになってしまい、数時間お店で粘ってました。
どちらにするか、何度も何度も腕にはめてははずし。

で、結局買ったのは「オーデマピゲ」叔母は、それこそ「清水の舞台から飛び降りる」ぐらいの勇気がいったのでは?
金額はここでは言えませんが、「ほんとに買うの」って何度も私たちが聞いたほどの金額でした。
帰ってから、叔父や娘に怒られたのは言うまでもなく、私たちまで一緒に怒られてしまいました。

でも、今でも大事に使っていて、普段は安い時計を使っているようですが、「ここぞ」という時にはオーデマピゲが登場します。
腕がとっても誇らしげです。

叔母は、その時のハワイ以来、海外旅行はしていません。
きっと、海外旅行はとってもとっても高いものと思っていると思います。

ハワイで買った時計は、オーデマピゲ